安東英子の服のたたみ方は?ハーフの真相や経歴も調べてみた!

安東英子 画像
スポンサードリンク
皆さんこんにちわ田中です^^皆さんは安東英子さんという人をご存じですか?? 5月18日のソロモン流にも出演されることで話題になっているのですが片づけの...

安東英子 画像

皆さんこんにちわ田中です^^皆さんは安東英子さんという人をご存じですか??

5月18日のソロモン流にも出演されることで話題になっているのですが片づけのプロです!!

私は一人暮らしを始めて以来部屋を片付けることができずとても困っていたので良い方法はないかとネットサーフィンをしていたら彼女を知りました。

今日も私の意見の多いブログですが色々彼女について語りたいと思います^^

スポンサーリンク


続きを読む

安東英子の服のたたみ方は?

Тシャツ 画像

彼女はクローゼットの収納法他の片づけまで色々な知識や技術を持ってるのですが私が一番困っている服のたたみ方について今日は話していこうと思います^^

 

私は服をたたむのが本当に苦手で一人暮らしを始めてからというもの母の偉大さを本当に痛感しています^^

 

まず最初に彼女の片づけの考え方から話していこうと思います。

 

彼女のたたみ方の極意は「狭い空間をいかに有効活用するか」ということと
より薄く均一に!!」の2点です^^

 

確かに片付けのできない私でもこの言葉は腑に落ちましたね...(笑)

 

そして次に大事なのは、「必要量以上は持たない!」ということです。

 

どれだけ綺麗にたたんでも部屋の広さなどは物理的な限界がありますからこれは本当に大事な考えだと思いましたね!

 

そういえば昔テレビでも片付けの達人が「1年以上使ってないものや、来てもテンションの上がらない服は捨てなさい」と言っていたのですが根本的なとこでは安東先生と同じ考えなんですね!!

 

そうは言ってもなかなか私もモノや服は捨てれません...(笑)やはりこれも訓練なんですかね...

 

「服のたたみ方」はセミナーなどでしか教えていないみたいなんですが過去のテレビの放送の映像から推測すると以下のたたみ方だと思います^^

Tシャツ 画像

 

私も実践してるのですが非常にたたみやすく収納スペースが今まで以上に確保できました^^

ハーフの真相や経歴も調べてみた!

私も最初彼女を見たとき非常にきれいな顔立ちをしていたので「ハーフかな??」と思ったのですがハーフでした(笑)

 

彼女が自身のブログで述べていたので間違いないと思いますよ!!

 

でもアメリカにいたのはかなり昔みたいなので英語はまったくだめみたいです(笑)

 

片づけできて英語もできたらもっとカッコよかったんですけどね(笑)!!

 

次に彼女がここまで有名になり本まで出版できるまでになったのはどうしてと考えたのですが私は約10年前のTVチャンピオンの出演が彼女の人生のターニングポイントになったのではないかと考えています!

 

そのときの番組企画は片づけができない主婦に片付け方法や考えかたを伝授するというものでした。

 

この番組放送終了後から彼女のもとにはたくさんのテレビ出演のオファーが来たそうです!!

 

う~んでも一回のテレビ出演で人生変わるんですね!もちろん彼女がチャンスを使い取ったのが1番凄いことなんですが...

そこまで片づけにこだわるって意味あるの??

掃除 画像

これ結構言う人私の周りにもいるんですよね(笑)

 

正直私も昔はそう思ってる時期もありました!!

 

でもこの片づけって奥が深くて「幸せ」に結構関わってくるみたいです!!

 

根拠はなににあるあかといいますと少し難しいのですが「潜在意識」というとこにあります。

 

詳しく話すと長くなるので割愛させていただきますが、結論として「部屋をきれいにする」ということは潜在意識にいい影響を与えます。

 

つまりそれだけ幸福度が増すということです^^なんか理屈っぽくて意味わからないという人も多いかもしれませんが、誰でも一度は部屋をきれいにしていい気分になった経験はあると思います^^

掃除ってめんどくさいですけど終わった後の達成感いいですもんね^^

スポンサードリンク
PREV:さっぽろライラックまつり2014の日程や駐車場は?交通規制もチェック
NEXT:入来祐作の年収やCMが話題!劣化の噂や今現在は?用具係の経緯も!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>