入来祐作の年収やCMが話題!劣化の噂や今現在は?用具係の経緯も!

入来祐作 画像
スポンサードリンク
皆さんこんにちわ田中です^^今日は私が小学生のころ大好きだったプロ野球選手の入来祐作選手について話して語りたいと思います。   元巨人で活躍した...

入来祐作 画像

皆さんこんにちわ田中です^^今日は私が小学生のころ大好きだったプロ野球選手入来祐作選手について話して語りたいと思います。

 

元巨人で活躍した選手なんですが、今は横浜DNA用具係をしている彼...

 

CMでも彼の現在の姿が話題となり一躍ネットでも注目されていました^^

スポンサーリンク


続きを読む

~入来祐作とは?当時の年収も~

入来祐作 画像

今の小学生はあまり知らないかもしれませんが一昔前は凄い選手でした。

 

「読売巨人」→「日本ハム」→「ニューヨーク・メッツ」→「横浜」とたくさんと球団を渡り歩いた珍しい投手。

 

顔が強面なのもあるかもしれませんが子供のころ彼をテレビで見ていて「迫力あるな~」「怖いな~」と結構思っていました(笑)この強面フェイスに加え躍動感のある全力投球が持ち味でしたからね^^

 

 

2002年の阪神戦でアリアスと乱闘になったシーンは有名ですので覚えてる人も多いのではないでしょうか??

 

 

2001年は巨人の投手の中で最多勝となる13勝を挙げる活躍。ちなみにこのシーズンの最多勝は14勝でしたのでまさのセリーグ投手の顔という感じでした

 

今のセリーグで言うなら巨人の菅野や広島の前田という感じだと思います。

 

2005年メジャーリーグ挑戦の際には所属先の日ハムから「海外に行かず、日ハムに残ってくれ~」とい説得されいくら提示されたか覚えてる人いますか??

 

その金額は2年約2億円です(笑)つまり、年収1億円です。とは言っても半分近くは税金で持っていかれますが、、、この額は今も相当な高年俸ですよね...

 

でも彼はお金よりも自身の夢を選択し海外のメジャーリーグへ挑戦したんです。

 

しかし海外では良い成績は残せず、2007年には日本球界に復帰2008年には横浜を戦力外になりました。

 

2005年には2億提示されて投手が3年後に戦力外ですよ...よくスポーツ選手は選手生命あ短いので若い時が稼ぎ時なんていいますが本当にそうなんだなと小学生の私も思っていました。

~CM が話題!!用具係の経緯も!!~

入来祐作 画像

彼が用具係をしていると世間で認知され始めたのも2014年4月から放送されてるBOSSのCMによるものです。

 

テラスハウスで今人気絶頂のてっちゃんこと菅谷哲也(若手投手役)と共演していました。

 

私の女友達でてっちゃんのファンがいるのですが私に「あの用具係の人って本当に元プロ野球選手なの??」と聞かれ

 

「あ~今の若い子は入来を知らないんだ~」と少し寂しい気持ちのなりました(笑)

 

まあ、女の子だから知らないというのもあるとは思いますが...

 

彼が今の仕事に就いたのは、横浜を戦力外になった翌年チームの打撃投手になったそうですがストライクが入らないため用具係の道を選択したから。

 

これだけのピッチャーが技術的にストライクを取れないのはおかしな話ですしやはり怪我によるものなんじゃないかなと私は思っています。

こちらがその話題のCMですね!!どうでしょうか??

入来祐作 画像

 

ネット上では「入来劣化した~」「太ったな~」「巨人時代のエースの面影ないな~」と騒がれていましたが私は今の彼の容姿のほうが断然好きですね!!

 

 

確かの少しふっくらしましたが現役時代の「怖いな~」という印象はなくなり優しそうなかんじがします。よく「40代は自分の顔に責任を持て!なぜなら自分の生き様が現れるから!」なんて言いますが彼の今を見て本当なんだなと思いました。

 

 

どんな時でも自分の行きたい道に進み自分に嘘をつかないで生きてきたからこそ40代になってもこんなにカッコいいのではないでしょうか??

注目記事➡缶コーヒーCMジェラマリアーノが美人すぎっ!!工藤公康の息子も出演?

スポンサードリンク
PREV:安東英子の服のたたみ方は?ハーフの真相や経歴も調べてみた!
NEXT:小原由梨愛の出身高校や大学は?なでしこJAPANでカワイイと話題!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>