ナナ・クワク・ボンサム(呪術医)とは誰?C・ロナウドの怪我に関与?

C・ロナウド 画像
スポンサードリンク
先ほどニュースを見てたらナナ・クワク・ボンサムというガーナの呪術医が話題になっていました。 なんとポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドの怪...

C・ロナウド 画像

先ほどニュースを見てたらナナ・クワク・ボンサムというガーナの呪術医が話題になっていました。

なんとポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドの怪我に呪術を利用し、関与してるのだとか。。。

信じるか信じないかはあなた次第ですが(笑)今日はその詳細について話していきたいと思います^^

スポンサーリンク


続きを読む

ナナ・クワク・ボンサムとは何者??

ナナ・クワク・ボンサム 画像

今日のニュースではわかってるのは今のとこガーナ国籍であることと自称呪術医ということがわかっています!!

 

実際に彼の発言を見てみると

「C・ロナウドのけがが治らないのは私が呪術を彼にかけたからだ!!」と本当に述べています!

 

でも中には、「なんでガーナの呪術医がC・ロナウドにそんなことをする必要があるの??」という疑問を持つ人はたくさんいると思います!!

 

でもその理由は非常に簡単でワールドカップでガーナ代表はC・ロナウド率いるポルトガルと対戦することが決まっているからです!!

 

C・ロナウドは今年世界ナンバーワンプレイヤーに渡されるバロンドール賞を獲得するなど今世界で1番すごい選手。だからポルトガルにC・ロナウドがいないとなるとガーナにとってかなりの追い風になります!

 

ただサッカーに詳しい人や少しカンのいい人ならきっとこう思うのではないでしょうか??

「は??C・ロナウドが怪我したあとにこんな発言しても意味ないよ!!」

「とうせC・ロナウドを利用して自身の売名行為してるだけだろ!!」

「嘘ばっかりつくなよ!!」

実際ネット上にもこのような声はたくさんありました。

 

しかし調べてみるとちょと驚いたことがあったんです!!

 

実はこのナナ・クワク・ボンサム(ガーナの呪術医)は先ほどの発言をロナウドが怪我するずっと前である2014年2月にしていたんです!

 

 

これにはいくらこのようなオカルトちっくな話を嫌う私も「まじか。。。(笑)」となりましたね!!

 

だって今から3か月前なんてロナウドは絶好調のイケイケでしたし誰も彼がこんなに長引いた怪我をするなんて思っていませんでした!!

 

ま~冒頭でも言いましたが今回のこのニュースは本当に個人が信じるか信じないかにかかってるんですよね!(笑)

 

もちろん私は信じません!!(笑)科学的に実証されたことしか信じないのが私の理念ですから(笑)!!

そもそも呪術医って何??

クリスティアーノ・ロナウド 画像

この男のがでたらめを言ってるのか本当のことを言ってるのかが気になる前にそもそも呪術医がなにかが気になる人も多いと思います!

 

簡単に言うと

 

呪術医(じゅじゅつい)は、医療効果の根拠を超自然的へ求めることを言うと辞書に載っています!!

 

 

つまり、科学では実証されていない力を利用し、人間のけがや病気を治すということんです!!

 

 

ただ彼の発言が本当なら、今回は人の治療ではなくその逆の悪いほうほうへ使われているんですがね。。。ちょと私としては残念な気がします!

 

 

だってですよ!!もし彼が本当に科学で証明されていない凄い力を持ってるのであれば、その力をクリスティアーノ・ロナウドの怪我という方向へ使うのではなく、自分の母国であるガーナ代表の選手の力を高めるほうへ使って欲しかったなと思います!

関連記事➡World Cupで注目される「大迫半端ないって!!」とは?

 

ロナウドのプレーを楽しみにしてた人は世界に何億人といますからね!そしてなによりバロンドールを獲得し選手としてピークの時期である本人が1番ワールドカップに出たいでしょうからね。。ぜひともロナウドがw杯でピッチに立つのをみたいですね^

スポンサードリンク
PREV:お茶プレッソ(ヘルシオ)の口コミや評判は?価格や味もチェック!
NEXT:加藤夏希の結婚相手は誰?妊娠は?夫の職業などもチェック!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>