星座の変更はデマか本当か!13星座や蛇遣い座がTwitterで話題!

星座 画像
スポンサードリンク
みなさん昨日からツイッター上で 星座が変わったとか 蛇遣い座ができたとかが話題になっています!   13星座についてもデマだの 本当など騒がれています...

みなさん昨日からツイッター上で
星座が変わったとか
蛇遣い座ができたとかが話題になっています!

 

13星座についてもデマだの
本当など騒がれていますね。。。

 

私の友達が朝から「蛇遣い座になってもうた~」
とうるさいので今回Twitterで
騒がれてることを色々と調べてみました!!

 

今日も私の意見が濃いブログですが宜しくお願いします^^

スポンサーリンク


〜まず今まで私たちが知っていた12星座とはなんだったの??〜

星座 画像

私たちが占いなどで活用してる
12星座とは上の画像のように
「太陽を通る線」である黄道を12等分
したものでした。

 

つまり、今から3000年前の基準では
太陽が12個の星座を通過
していたので12星座
だったのです!

 

この理屈に
「そうだったのか~」
と思った人も多いのではないでしょうか??

 

普段私たちは自身の星座を
占いなどで使うくらいなので
成り立ちまでは知りませんもんね!!

 

また、1年が12か月であるので
12星座というのが都合がよかった
とも言われています!!

 

それにしても太陽を通過する星の数と
1年の月の数が同じということに
ロマンを感じるのは私だけでしょうか??(笑)

 

友達に言ったら
「全然ロマンなんて感じないよ!!」
とバッサリ切り捨てられました(笑)

〜では13星座とは???〜

星座 画像

3000年前は太陽に12個の星
が通過していてましたが、
月日は流れ、1995年イギリスの天文学者
であるジャクリーンは驚きの発言をしたんです!!

 

「3000年前は12個しか星座なかったけど地球の自転や公転の関係で現代では13個になってるよ!!!」

 

で、その13番目の星は何か
といいますとその星が、
蛇遣い座」なんです!!

 

いや~なんて言ったら
いいんでしょうか??(笑)

 

確かに13個星があることを
発見したジャクリーンの発見は
素晴らしですが、せっかく今まで
12というバランスの良い数で
収まっていたことを考えるなら
いらない発見だったと
私は思ってしまいました(笑)

 

ジャクリーンには少し気の毒ですが
彼がこのような発見をしなければ
現在ネット上

「13星座ってなんや!!」

「12星座は今までなんだったの??」

「蛇遣いって何??私の星座変わってる!!」

「もう何がデマで本当なのか分からない」

などと荒れることはなかったでしょう!!!(笑)

 

話は戻りますが、
せっかく発見された蛇遣い座ですが
占いの世界で蛇は
あまり良い生き物とは
みなされていません

 

そのため13個星があることが分かり、
本来は13という数字に基準を
合わせなければいけないはず
だったのですが、
12星座のままにしたそうです!!

 

ここまで話すと、
「う~んそうだったのか!!」
と納得してくれる人も多いと思います!

 

参考までに13星座のまとめ>を書いておきます!

■やぎ座:1月20日~2月16日

■みずがめ座:2月16日~3月11日

■うお座:3月11日~4月18日

■おひつじ座:4月18日~5月13日

■おうし座:5月13日~6月21日

■ふたご座:6月21日~7月20日

■かに座:7月20日~8月10日

■しし座:8月10日~9月16日

■おとめ座:9月16日~10月30日

■てんびん座:10月30日~11月23日

■さそり座:11月23日~29日

■へびつかい座:11月29日~12月17日

■いて座:12月17日~1月20日

確かにいきなりTwitter上で
こんな感じのツイートが大量のRT
されてたら誰でも驚きますよね(笑)

私もそうとう最初焦りましたから!(笑)

ま~でも今日の記事ですっきりした人も多いでしょう!ではまた次回!!

*人気記事1クリロナの筋トレがエグすぎると話題!!』

*人気記事2 『キムタクの全盛期がイケメンすぎると話題!!

スポンサードリンク
PREV:加藤夏希の結婚相手は誰?妊娠は?夫の職業などもチェック!
NEXT:青山敏弘の嫁の画像や結婚について!経歴やwikiも!イケメンと話題

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>