さやか(慶応大学)の現在や高校は?ビリギャルの本名や出身もチェック

ビリギャル 画像
スポンサードリンク
慶応大学に偏差値30から1年で偏差値40アップ し合格したビリギャルを知っていますか?   出身高校や中学校が話題みたいですが 彼女のことは3か月くらい...

慶応大学偏差値30から1年で偏差値40アップ

し合格したビリギャルを知っていますか?

 

出身高校中学校話題みたいです

彼女のことは3か月くらい前に本屋で知りました!

 

坪田信貴さんが出された本なんですが私も購入しました^^

今日は彼女について私の意見を中心に熱く語りたいと思います^^

スポンサーリンク


~そそもそもビリギャルってどんな人??~

ビリギャル 画像

知ってる情報も多いかもしれませんが、

復習の意味もこめて改めて事の詳細を話していきたいと思います^^

 

 

主人公の女性は、学年でビリ偏差値30以下の女子高生

女子高生の名前はサヤカ、通称ビリギャル

 

 

ビリギャルは、慶応はイケメンが多そうという

一見不純な動機で1年後には私立の天下

である慶応大学に合格してしまいます。

 

慶応大学 さやか 画像

う~ん、、私も最初聞いたときは

 

「絶対嘘だ!!」

「こんなの漫画のドラゴン桜のパクリだ!」

 

と思っちゃいましたよ(笑)

 

 

でも彼女について書かれた書籍や

実際にサヤカさんにインタビューした

動画を拝見すると本当みたいなんです!

動画を見ると非常にやる気でますね!

私はもう受験生ではないですが(笑)

 

 

 

私は大学受験に失敗し、勉強面では人一倍苦労した経験

があるのですが受験生の時に彼女を知っていたら、

とても心強かったなと思いますね^^

 

 

今受験生の人は本を購入してみることをお勧めします^^

慶応大学さやか 画像

また本の表紙のこの女性がサヤカさん(ビリギャル)本人

だと思ってる人も多いですが違うのです!!

 

 

「一般人にしては可愛すぎる」

と最初私も思ったのですが、やはりモデルさんでした^^

 

 

動画でインタビューに答えてる人がサヤカさん本人ですね^^

~出身高校や本名は?現在は何してるの?~

慶応大学 さやか 画像

「ビリギャル 出身高校」と多くの人が検索しているみたいです。

 

調べてみると、

名古屋の有名なお嬢様学校で

中学から大学までエスカレーター式

のとこに通っていたそうです!

(出回っている情報だと愛知県にある

金城学院高校を卒業しているそうです。)

 

 

しかし、高校生だった彼女は普段の生活や

環境に不満を持っていたため、

どうしてもそこの大学には進学したくなかった。

 

 

それが慶応を目指す大きな動機の1つになったそうです!

 

 

「ビリギャルの勉強法は?」

「1日何時間勉強したの?」

「どんな人に指導してもらったの?」

 

などのようなことばかり皆目を向けますが、

私は、ビリギャルの目標を達成したいと思える

強いで動機が1番合格を近づけたのではないかと思っています^^

 

 

次にビリギャルさやか本名についてです!

 

 

調べてみると、

小林さやかさん」ということが分かりました!

 

 

本の出版が最近でしたのでサヤカさんが

現在大学生だと思ってる人も多い

みたいですがすでに卒業されています!

 

 

現在は26歳だそうです!

 

 

慶応大学卒業後東京のブライダル会社の就職したが2年で退社。

その後は地元の名古屋に戻って名古屋のブライダルの会社に就職したそうです。

 

 

大学合格したことで安心して大学在中に何も行動せず、

4年間を無駄にしてしまう人も多いですが、

ビリギャルは大学生になった後もサークル活動と

アルバイトの両立を頑張ったり、

インターンをしてみたりと活発に過ごしていたそうです!

 

 

単に現役で慶応に合格したことだけではなく、

こういう所も非常にカッコいいなと思いますし、尊敬しますね^^

関連記事➡ビリギャルの結婚式の会場はどこ??

スポンサードリンク
PREV:寺脇康文はかつら?嫁や子供について!常盤貴子との関係もチェック
NEXT:渋谷慶一郎の年収や身長は?マリアとの関係やナルシスト疑惑について

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>