山本陽一は今現在離婚してるの?爆報に出演で話題!嫁は誰?

山本陽一 画像
スポンサードリンク
爆報!theフライデーにイケメン俳優の山本陽一さんの現在が取り上げられていますね!   テレビで最近見ていなかっただけに爆報に取り上げられたことに結...

山本陽一 画像

爆報!theフライデーにイケメン俳優の山本陽一さんの現在が取り上げられていますね!

 

テレビで最近見ていなかっただけに爆報に取り上げられたことに結構びっくりしました^^

 

結婚相手や離婚について気になることが沢山でてきたので、今日彼について私の意見を中心に熱く語りたいと思います!!

スポンサーリンク


続きを読む

~山本陽一とは一体何者??~

山本陽一 画像

私は母が以前から山本陽一さんのファンということもあり彼に対しての知識は結構ありました。

 

そのため今回「爆報!theフライデー」で彼が取り上げられることが分かった時非常に嬉しい気持ちになりましたね^^

 

しかしTwitterで世間の反応を確認してみると

◇「山本陽一って誰??」

◇「予告で昔の映像出てきたけどめっちゃイケメンだな。。。。」

◇「最近にはなかなかいないような正統派のイケメン俳優だったんだね^^」

というツイートが非常に多かったです^^

 

そこで今日は私が彼のプロフィールをまとめてみました

山本陽一 画像

■名前 山本陽一

■生年月日 1969年2月24日

■年齢 45歳

■出身地 大阪府出身

■職業 俳優

■デビュー年 1984年

ざっとまとめるとこんな感じではないでしょうか?

 

 

80年代90年代に人気を博した俳優で青春物語に多く出演しました。また99.00年には日本の長寿番組だった「水戸黄門」に出演したり、84,85,86年には「レッツゴーヤング」という音楽番組にもタレントのような形で出ていたそうです。

 

 

今でこそは当たり前になりつつありますが、80年代に俳優さんがタレントのような形で音楽番組に出演することは珍しかったそうです。

 

 

それにも関わらず出てたのは彼が抜群の人気があったからなんですね^^

~山本陽一離婚について!現在は??~

山本陽一 画像

今回「爆報!theフライデー」でも取り上げられていましたが彼が現在離婚し、町工場で肉体労働をしながら生計を立ててるそうです。

 

 

20年前はアイドル俳優としての地位を確立した男がなぜこのような状況に追い込まれたのでしょうか?

 

 

理由は俳優業という仕事が難しいなど色々あると思いますが、2009年彼が病気でかなり深刻な状況に追い込まれたことが関係してるそうです。なんと山本さんはなんと5日間も意識のない状態が続きました。

 

 

病気の名は「劇症型心筋炎」という病気ですがその怖さを知ってる人はいますか??

 

 

 

なんらかの原因で急に心臓に血液が送り込まれなくなり、血圧が急激に下がる病気です。どんだけ医学の知識がない人でも心臓に血液が送られないことがどれほど危険化は想像つくと思います。。。。

 

 

結構子供はウイルス感染により発症するケースが多いみたいで初期症状が風邪と似てるので注意が必要なんですね。

 

 

2009年この病気を公表した際は奥さんと子供がいたことは分かっていますがその後いつ離婚したかや嫁が誰なのかはまだ分かっていません。(番組終了後詳しいことが分かれば「追記」でお知らせしますね^^)

 

 

ただ現在町工場で一生懸命働きながらも事務所に籍をまだ置いてるということは俳優という職業になにかしらまだ未練があるのではないかと私は思っています。

 

 

2010年を最後に芸能界からは退いていますが、1度芸能界という華やかな舞台で活躍した男ですし私としては復活してほしいなと思いますね。

 

 

まだ彼も45歳です。十分若いです人これからだと思います。今後も彼を私は応援していきます。

 

 

しかし今回山本さんの波瀾万丈の人生を見てるとなんだかいろいろ考えさせられましたね。

スポンサードリンク
PREV:武田双雲の結婚相手や子供は?作品が下手いって本当?本名もチェック
NEXT:ダンカンが嫁の治療費支払い拒否?浮気相手は誰かに注目!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>