笹子三津留ドクターの経歴は?神の手と言われる理由もチェック!!

笹子三津留 画像
スポンサードリンク
皆さんこんばんわ田中です。 皆さんは外科医の笹子三津留ドクターをご存知でしょうか? 簡単にいうと神の手を持つ医者と言われている男です。 サッカー好き...

笹子三津留 画像

皆さんこんばんわ田中です。

皆さんは外科医の笹子三津留ドクターをご存知でしょうか?

簡単にいうと神の手を持つ医者と言われている男です。

サッカー好きの私としては「神の手」と聞くとどうしてもマラドーナの方を思い出してしまいますが...

スポンサーリンク


続きを読む

笹子三津留ドクターの経歴は?

笹子三津留 画像

このような名医になるためにはどのような経歴かやはり気になりますよね。

 

それは単に興味があるというだけでなく、今後若い人が後継者が育っていくためにも大事なことだと思います。

 

まず簡単に略歴をいいますとこんな感じになります

1976年 東京大学医学部医学科卒業

1983年 東京大学医学部助手

1984年 フランス給費留学生としてパリ大学留学

1986年 東京大学医学部第2外科医局長

1987年 国立がんセンター病院外科スタッフ

1989年 ライデン大学(オランダ)招聘教授

1991年 国立がんセンター中央病院医長

2006年 国立がんセンター中央病院副院長

2007年 兵庫医科大学教授

 

この年表を見ても分かるように、とんでもない時間を投資して勉強したことが、知識、経験、知恵となり大きな命を救ってるんです。

 

実際、子三津留先生のもとには年間1200人の紹介者が訪れてますから。

 

この数字は凄すぎますよね(笑)一日3人は毎日患者と向き合っているわけです。

 

しかも命に支障はない風邪とかではなく、重い病の「がん」なので、先生自身もそうとうな精神力がない続けられませんね。

 

兵庫医科大学で上部消化管外科教授に就任したのも患者とより向き合いたいという理由からみたいです。

 

なんか感動しますよね。中には給料が高いから医者を目指すなんて人も多いと思いますが...確かに自身の生活のために給料の高い医者を目指すのはありだと思います

 

ただ、それだけで医者になれば本人は「安定な生活ができる」ということ以外の人生の充実感は低いと思いますし、何よりその医者から治療を受ける患者は嫌だと思います

 私はやはり彼みたいな医者が増えることを望みますね^^

神の手と言われる理由もチェック!!

ここまで読んでくれた方はもう十分、笹子三津留ドクターの凄さを理解したかもしれませんが私の意見も交えて「神の手」と言われる理由を話していきます。

 

治療の難しい進行がんに立ち向かい、圧倒的な再発率の低さ達成してること

最も難しいのが周辺のリンパ節に転移したがんを取り除くことがうますぎる

*それは誰も真似できないような経験と知識に加え、研ぎ澄まされた指先の感覚の持ち主であるからこそだと思います。

手術を行う技術だけではなく患者の精神面にもすごく配慮されている

 

私はこの3つ目の理由をぜひ多くの医者に学んでいただきたいと思う。

 

最近海外では「祈る」ということが患者の回復につながることが科学的に証明されてるみたいです。

 

つまり、従来通りのケアだけより患者の親身になって話を聞いたりすることも取り入れたほうが回復の可能性は上がるということなんです。

 

日本ではあまり話題はなっていないことですが、このような理由からも「がんを治す」ということにおいて笹子三津留ドクターは最先端の外科医であり神の手を持つと言われる理由なんだと思います。

 

彼の技術を評価するのもいいですが、患者と紳士に向き合う姿勢も今の医者は見習う必要があると思いますし、将来何かの職業でプロを目指そうと考えてる私もこの姿勢は見習わないといけないと感じてます

彼みたいな医師が日本でたくさん増えることを期待します

では次回の記事でまたお会いしましょう^^

スポンサードリンク
PREV:ローマンゴンザレスのファイトマネーは?次戦は八重樫東と対戦か!
NEXT:小保方晴子が激痩せで肌が綺麗になった?病気の原因も調べてみた!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>