小保方晴子が激痩せで肌が綺麗になった?病気の原因も調べてみた!

小保方晴子 画像
スポンサードリンク
皆さんこんばんわ田中です!!   今日は1月以来の小保方晴子さんが会見で姿を見せてくれました。   病気や精神状態がよくないことがかなり配され...

小保方晴子 画像

皆さんこんばんわ田中です!!

 

今日は1月以来の小保方晴子さんが会見で姿を見せてくれました。

 

病気や精神状態がよくないことがかなり配されましたが、公の場に出てきてくれて私としてはほっとしています

 

今日は私も会見を生で見てたんですが、気になることがちょいとばかり出てきました

スポンサーリンク


続きを読む

小保方晴子が激痩せで肌が綺麗になった?

小保方晴子 画像

今日の会見を見てて皆さん小保方晴子さんが激痩せしたと思いませんでした?

 

 

 

前々から彼女の容姿は評価が高く可愛いと話題にもなっていたのですが今回の会見を見る限りさらに可愛くなっていたのでより人気が出るんではないでしょうか?

 

 

そしてもう一つ気になったのは彼女の「

 

 

まるで芸能人のようなキレいな肌をしてません?(笑)

 

 

まあ「人類の神的な発見があるか、ないのか」の時にこんなところに注目する私の性格にもあきれるばかりですが、気になって仕方なかったんです(笑)

 

 

私なりに彼女が痩せて綺麗になった理由を考えてみました

小保方晴子 画像

 

あくまで私の予想ですが以前より食事の量が減り体重が減ったととが1番の原因だと思います!!さすがにこの騒動の中美容のためにダイエットをするほどのメンタルはないと思いますから(笑)

 

 

また、入院中病院が出す健康的な食事なためカロリーも抑えられたことも大きいのではないでしょうか??

 

 

私は以前入院したことがあるんですが、1か月くらいでかなり顔立ちがシャープになりました。

(その後、急激なリバウンドに苦しめられましたが...(笑))

 

 

やはりカロリーを抑えることはダイエット法で1番です(笑)

 

 

ただ、急激な痩せ方は将来骨粗しょう症などの原因にもなりますからその点は心配ですね。

 

 

ただ、私の女友達に「小保方さん痩せたよね~!肌も綺麗になったよね~」と言ったら、

 

 

化粧だよ!化粧!反省してるように見えるようにメイクしてもらってるんだよ!!」と一言(笑)

 

非情な女に友達だなとも思いましたが「さすが私の女友達!すご!」とも思っちゃいましたね

 

病気の原因も調べてみた!

小保方晴子 画像

病気の原因はSTAP細胞がねつ造と報道されたことです。上の写真はねつ造報道前の写真ですが今よりも頬がふっくらしていますね!

 

 

今日の会見でも医者が常にスタンバイしてたんです

 

 

もうね、一度「世紀の発見」と騒がれ一躍スターになった後、「嘘つき」などと一方的に言われたら病みますよ(笑)

 

 

 

過激な報道に彼女が耐えられなくなったことで精神的なストレスから今の不安定な状況まで追い込まれたんです!

 

 

 

彼女自身言いたいことも今日までたくさんあったわけですが、それをじっとこらえて我慢しないといけなかったのですから。

 

 

 

あと、今日の会見でもカメラのフラッシュも凄かったですね!!

 

 

 

以前の会見でも小保方晴子さんはこの「フラッシュのせいで目がおかしくなった」と言っていました。

 

 

 

私としてはもうちょと気を使ってほしかったように感じます。

 

最後に私の意見を言わせてください!!

 

 

今回彼女は「ねつ造」だの「嘘つき」など言われてますが、前々からずっと思っていたことがあります

 

 

 

それは、彼女が嘘をついても彼女自身になんらメリットがないということ

 

 

これだけは今後も変わらない真実のような気がします。

 

 

 

周りでお祭り気分で批判してる人は今述べたことを理解してないように感じますね。

 

 

 

STAP細胞はこれから人類に大きな役目となることは確実です。私はそのためにも彼女に頑張ってもらいたいです。では次回の記事でまたお会いしましょう

スポンサードリンク
PREV:笹子三津留ドクターの経歴は?神の手と言われる理由もチェック!!
NEXT:田代早紀のWikiやプロフィールは?高校や経歴も調べてみた!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>