やしきたかじん金スマで殉愛!元嫁や娘は誰?家鋪さくらは一体何物?

やしきたかじん 画像
スポンサードリンク
やしきたかじんの殉愛が金スマで告知されましたね。結婚した家鋪さくらだけではなく離婚した元嫁(奥さん)と娘は誰かも気になります。   遺言書の内容や...

やしきたかじん 画像

やしきたかじん殉愛金スマで告知されましたね。結婚した家鋪さくらだけではなく離婚した元嫁(奥さん)は誰かも気になります。

 

遺言書の内容や、遺産はいくらかなど気になることがたくさん出てきました。

 

私は彼の番組が大好きで「たかじんのそこまで言って委員会」は毎週見ていました。そのため彼が64歳という若さでこの世を去ったときは本当にショックでした。

 

今日は彼について私の意見を中心に熱く語りとたいと思います。

スポンサーリンク


続きを読む

~やしきたかじんの娘がもめてる??

やしきたかじん 画像

今回金スマでも、たかじんの実の娘さんと、たかじんさんの最後の嫁の家鋪さくらさんについて放送されていました。

 

遺言書に「娘には1円も相続させない。嫁には相続させる。」と書かれてたため娘さんは嫁のサクラさんに反発したそうです。実際、娘さんは裁判所に「遺言書」の無効を求めています。しかし、結果は遺言書は有効であると判断され、娘さんのもとには1円も入ってこないという結果になりました。

 

「なぜ実の娘に1円も相続させないのか???」と思った人も多いと思います。

 

実はやしきたかじんさんと実の娘さんの間には以前から確執があったそうです。

 

遺言書には『OSAKAあかるクラブ』に2億円、大阪市に2億円、母校の桃山学院に2億円を寄付すると書かれていたとも言われています、

 

 

妻のサクラさんが受け取る遺産は「2人の名義の預金」「大阪、東京のマンション」「テレビ番組の看板料」となので大したことないやと思った人も多いかもしれませんが、2人名義の貯金は4億ともいわれています。

 

 

また「たかじん」と名のつく番組看板料は年間約1億だそうです、、、もう彼女お金持ちですよ!!相当な!!

 

こんだけ嫁にお金が入って娘に1円も入らないとなるとそれは娘さんも少しは不満を持ちますよね!!

 

娘は何十年もたかじんの娘として生きていますが32歳年下の妻さくらさんは彼と741日間しか人生をともに過ごしていないのですから、、、

~たかじんさんの娘や元嫁は誰??~

やしきたかじん 画像

たかじんさんは、20代前半最初の妻(一般人)1回目の結婚をし離婚しました。この妻との間に生まれた娘さんというのが相続でもめている娘さんと思われます。

 

一般人ということで最初の奥さんの情報はほとんどありませんが娘が高校生の頃にくも膜下出血で亡くなったそうです。

 

そのため、たかじんさんのご両親が引き取り里親として育てたみたいです。なんとも複雑ですよね、、、

 

現在娘さんの年齢は40歳前後なのでさくらさん(32)よりも10歳くらい年上なんですね、、、

 

もちろん娘さんも一般人なので詳細は伏せられています.。娘さんはたかじんさんの仕事の裏方の仕事もしていたと言われているだけに2人の間に何があったのかは相当気になる部分ですね、、、

 

2回目の結婚相手は15歳下の女性でした。

 

1993年にめでたく再婚しますが、2006年離婚してしまうんですね。

 

テレビ番組収録中に「離婚届、勝手に出されてた。独身になること知らんかったんや~」語っていたみたいです。

たかじんさんらしいと言えばたかじんさんらしい発言ですが、、、

 

この2回目のモデルさんも15歳年下の和服モデルだそうです。

15歳年下ですよ!!3回目の奥さん家鋪さくらとは32歳差結婚ですから相当モテるんだと思います。

 

1回目と2回目の離婚についてたかじんさんは「100%自分が悪い」と発言していたため離婚の理由は浮気などと言われていますね。

関連記事➡「やしきたかじん32歳下の嫁さくらの全貌が金スマで話題!」

スポンサードリンク
PREV:やしきたかじんの嫁(妻)さくらの本名は?金スマで娘や遺産が話題!
NEXT:大屋夏南の結婚や高校!彼氏はELLY(三代目)?モデルFは誰か行列で話題

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>