マスク依存症の心理や原因は?治し方や改善方法も調べてみた!!

マスク依存症 画像
スポンサードリンク
今日の記事はマスク依存症です。別の言い方では「伊達マスク依存症」「軽くマスク依存症」などと騒がれてますが、正直私もずっと気になっていたんです!! &n...

今日の記事はマスク依存症です。別の言い方では「伊達マスク依存症」「軽くマスク依存症」などと騒がれてますが、正直私もずっと気になっていたんです!!

 

なぜなら、現役大学生のわたしが大学に行くと、

あまりのマスクを着用してる人の多さを不思議に思っていたからなんです^^

 

だから今回は、マスク依存症心理原因

その治し方改善方法まで調べてきました。

 

今日はこの件について私の意見を中心に熱く語りたいと思います。

スポンサーリンク


〜マスク依存症の心理や原因を調べてみた〜

さて、先ほども話したように私の通う大学では

本当にマスクをしている人が多いです。

 

私も最初は女子がすっぴんを見せたくないために、

してるものだとくらいに思っていましたが、

メイクばっちり決めてる女性もしてるんです 笑

 

ましては、かなりの人数の男性もマスクしてますからね!!

 

ま~花粉の時期ならわかるんですが、

年がら年中彼らはマスクしてます(笑)

 

では、その心理や原因はなんなのかいいますと

 

これは「素の自分をマスクで隠せる」

という心理が働いていることが考えられるみたいです

 

顔の一部分をマスクで隠すことで、

表情を読まれにくなります。

 

表情は特に目と口にでますから!

 

つまり、自分の本音を

相手に悟られにくいということが言えるのです!!

 

そのため一般的に伊達マスクを使用する人は、

「人とコミュニケーションを取るのが苦手」

ということが挙げられるんではないでしょうか?

 

私も身近の伊達マスクを愛用する友人を

思い出してみたのですが、

確かに彼らはどちらかというとうとおとなしく、

人とコミュニケーションを取るのが苦手でした。

 

だからこれは結構あたってるんではないかな...

 

やはり最近の若者はSNSでの

コミュニケーションの時間が増えすぎて、

現実世界での他人との接し方が上手ではないみたい..

 

今の小学生なんか生まれてきた頃から、

オンラインゲーム、ケータイ、インターネットがありますからね(笑)。

しょうがないような気もしますが...

 

ほかの理由としては、

他人から見られてるという自意識過剰や、

表情を作るのが苦手というのがあるみたいです。

 

でもどれも共通してるのは、

」に問題があるということなんですね

〜治し方や改善方法も調べてみた!!〜

やはり、今現在マスク依存症の人はここが気になりますよね^^

 

まず彼らが意識しなけらばならないのは、

 

自分が心を開かない限り、相手も心を開こうとしないということなんですね。

 

心理学の世界ではオープンマインド

なんて言われ方もしますが、ここが一番大事なのです

 

心を開けない人の多くは、

素の自分を出したら嫌われる」と勝手に思い込んでるから

 

でもそれは間違ってるんです。

 

素を出すことを恐れて気持ちを閉ざしたら、

相手はなんとなく話をしてる時「気持ち悪さ」みたいなのを自然に感じ取るんです。

 

だから、結局嫌われちゃうんです!!

 

そのため、

マスク依存症で困ってる人の

マインドセットとして大事なのは、

 

「嫌われてもいいと思ったとき、初めて相手に好きになってもらえる」

「全員に自分を好きになってもらう必要はない」

「自分は今のままで愛される存在だ」

この3つを何度も心の中で唱えることが大事ですね。

 

実は私も思春期の時は、

この3つを心の中で唱えることを習慣にしてました。

 

次第に自信も出てきましたし、エネルギーが湧いてきました。

だから、皆さんにもおすすめできます^^

 

 

ぜひ試してみてください!!!

では次回の記事でまたお会いしましょう

スポンサードリンク
PREV:ワンオクロックtakaの髪型や身長について!経歴や恋人もチェック!
NEXT:清水よし子のダイエット方法について!ウォーキング効果をチェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>