清水よし子のダイエット方法について!ウォーキング効果をチェック

清水よし子 画像
スポンサードリンク
皆さんおはようございます田中です! 解決!ナイナイアンサーで清水よし子さんのダイエット方法が何なのかが話題になってるみたいです!! いや~こういうダ...

清水よし子 画像

皆さんおはようございます田中です!

解決!ナイナイアンサー清水よし子さんのダイエット方法が何なのかが話題になってるみたいです!!

いや~こういうダイエット企画番組は非常にうれしいです^^

今回は放送前ですので私なりにダイエット方法を予想してみました!

私もここ数年で5キロほど太ったので最近ウォーキングをしてるんです!

だから今回の解決!ナイナイアンサーはただのバラエティー番組ではなく私にとって非常にやる気を起こさせてくれるものですね!!

スポンサーリンク


続きを読む

清水よし子のダイエット方法について!ウォーキング効果をチェック!

デューク更家 画像

今から12年ほど前の36歳当時の体重は48kgでかなり痩せた印象があった彼女ですが56歳の現在の体重は約60キロみたい

 

約10キロ体重を増加させたわけです(笑)

 

私も高校卒業と同時に1年で10キロ太った過去がありますが、私の経験からいうと太ると体が重いですし、きついです(笑)

 

見た目も悪くなりますね太ると...(笑)

 

ダイエット方法は予想ですがデューク更家先生の指導を受けたのではないかと私は思っています!

 

この先生が提唱するダイエット方法はウォーキングです

 

いろいろ調べてみたのですがデューク更家先生曰く

 

大切なのは「どれだけ歩くかではなく、どう歩くか」←後で詳しく説明!!

 

一人ひとりが持って生まれたものを最大限にいかして元気になることは、決して難しいことではない」とおっしゃっています!!

 

これってなかなか言えないことですよね!一見当たり前のようで。

 

最近はロングブレスダイエットなどを筆頭に〇〇ダイエットと名前を聞いただけで「何これ!!メッチャ楽そう!」「楽しそう」と私たちを引き込むような面白いネーミングのダイエットが多いです。

 

しかしデューク更家先生は人間が体重を減らす上で一番基本的な動作であるウォーキングを利用した有酸素運動を今でも行ってるんです!

 

私も10キロ減量した際はウォーキングやランニングの有酸素運動を基本としていたの非常に効果のあるダイエット方法だと思いますね。

 

毎日3キロほどのウォーキングを行い1か月で3キロくらいのペースで痩せました。

 

ただ注意点もあります。

 

デューク先生が「どれだけ歩くかではなく、どう歩くかが大事」と言うようにウォーキング姿勢が大事なんです!

 

よく手を力任せに大きく振って体全体を使っている人がいますがこれは間違いみたいです!

 

理由は体の後ろ側は全然使われていないからです。

だからポイントとしては、右足が前に出たら、右手を「引く」ことが大事!!

 

これで体全体が使われるようになり、脂肪燃焼が期待できます

 

ここを意識するだけで効果が全然違ってきますので意識したいですね

 

 

最後に私のダイエット経験も交えて言わせてほしいのですが、確かにウォーキングダイエットは継続して行えば、効果は期待できます!!

 

 

ただいくら毎日サボらず行っても「食事管理」がうまくいかなければ痩せることはできません

 

 

ウォーキングで消費したカロリー以上にカロリー摂取したらいつまでも痩せないのは考えれば誰でもわかりますよね!!

 

よく「原点に帰れ!!」なんて言葉ありますが、ダイエットもこの言葉大事ですね!人間楽して痩せれません!!痩せたけりゃ有酸素運動ウォーキング(笑)

この点に気をつければうまく体重を落とすことができると思いますよ!!

PS.一日30分の運動はうつ病の対策のもなるそう!!やはり、ウォーキング恐るべし...(笑)

追記

テレビでの放送みたら予想外れたみたいですね(笑)次回は当てますので今回は大目に見てください(笑)

スポンサードリンク
PREV:マスク依存症の心理や原因は?治し方や改善方法も調べてみた!!
NEXT:オレンジレンジの現在について!消えた理由はパクリ問題なのか!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>