堤大介のWikiや嫁(結婚)は?ピクサーの経歴やダムキーパーの内容!

堤大介  画像
スポンサードリンク
堤大介の作品「ダム・キーパー」がノミネートされたことでWikipediaや嫁(結婚相手)が話題です。元ピクサーということで経歴なども注目されているみたいですね...

堤大介の作品「ダム・キーパー」がノミネートされたことでWikipediaや嫁(結婚相手)が話題です。元ピクサーということで経歴なども注目されているみたいですね。

 

短編アニメーション賞にノミネートされているので、これから注目される日本人になることは間違いなさそうですね。

 

管理人の私は昔から映画大好き人間だったので非常に楽しみですし同じ日本人が海外で評価されてるのは本当に嬉しく思います。

 

今日はこの件について私の意見を中心に熱く語りたいと思います^^

スポンサーリンク


~堤大介とは何者?wiki風に経歴をまとめてみた!~

堤大介  画像

今日ニュースでか彼の作品が話題になっていたことで話題になりましたが世間のほとんどの人が彼のことを知らないと思います。

 

実際Twitterでも

「今ニュースで初めて堤大介っていう人知った!」

「こんな凄い日本人監督おったんや~」

というtweetが多かったです。

 

ということで彼のプロフィールを私がまとめてみました。 

■名前 堤大介

■生年月日 1974年

■年齢 41歳

■出身 東京都

堤大介  画像

ざっとまとめるとこんな感じではないでしょうか?

 

小学校から高校まで母の勧めで東京都にある和光学園で青春を過ごしたみたいです。この学校は日本では珍しい教育をする学校として有名。(子供にすぐ答えを与えるのではなく「考えさせる」ことを重視)

 

実は彼の母と父は離婚していたため母一人に育てられていたんです。愛情たっぷりに育てられた彼ですが1つだけ約束ごとがあったんですね。

 

それは「18歳を過ぎたら親元を離れて自立すること」

 

日本では大学卒業の22歳まで(最低でも成人の20歳まで)は親から面倒を見てもらってる人が多いと聞くのでこの話を聞いたときは最初欧米っぽい教育だなと思いびっくりしましたね!!

 

ということで18歳までは野球に打ち込んでいた堤大介さんも高校卒業後、自分探しのためにアメリカに留学を決心。そこでたまたま出会ったのが「絵を描く」ということで彼は最終的にSchool of Visual Artsという美大に進学します。

~野球からイラストレーションに転向~

堤大介  画像

彼は留学先で熱心にイラストレーションの勉強に打ち込んだそうです。彼は以前「イラストレーションの勉強を開始したのは18歳からなので周囲は自分より上手い人ばかりだった」と述べています。

 

努力の末、美大を首席で卒業しましたが、ディズニーで働くという夢は叶わなかったそう。結局、Blue Sky Studioという映画会社で働くことに。その時彼の才能に目を付けた人が彼にToy Story 3の制作依頼を出したたためピクサーアートディレクターとして働くことになりました。

 

留学した当初は自分だけ初心者という苦しい立場なのに頑張れたのは「ただ好きという気持ちが強かったから」だそうです。

 

いや~これって結構深いですよね。なにより「好き」を若いうちに見つけることがなにより難しいと私は思うので 。

~嫁(結婚相手)が衝撃すぎる!!~

宮崎駿監督 画像

ま~こんだけ才能ある男となると気になるのが結婚についてですね!!特に女性は気になってると思います(笑)

 

彼のことを調べていたのですが1番驚いたのは結婚相手です。なんと彼の嫁は日本人なら誰でも知る宮崎駿監督の姪っ子なんです。

 

しかも堤大介さんの初恋の相手だというから驚き。小学校が一緒だったというのが2人出会いだったそうです。

 

しかし、15歳から33歳までの18年間は2人は会うことはなかったそうです。日本に久しぶりに帰国した際に再開して結婚。それにも関わらず初恋を結婚という形で実らせた堤大介さんって本当に何者なんですか!!凄すぎます(笑)

 

ところで今回話題のダム・キーパーというアニメは環境問題などをテーマにした内容だそう。21世紀に入りますます環境問題は浮彫となっているだけに見る価値ありそうですね!では次回の記事でまたお会いしましょう。

スポンサードリンク
PREV:ロッテガーナチョコレート2015年のCM女優は誰?3人の女の子が話題!
NEXT:セカオワハウスのソファーやカーペットは?家具のブランドを調査!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>