映画HERO2015の感想と近藤春菜!挿入歌とエンディングを暴露!

映画 HERO2015 画像

映画HERO2015が公開されましたね。木村拓哉主演のこのドラマは2001年、

2014年の放送分も欠かさず見ていたので、管理人の私も先日友人と鑑賞してきました。

 

このHEROは、公開前からかなり話題になっていただけに感想・評判(評価)

気になっている人も多いのはないでしょうか?

 

 

そこで今回は実際に見てきた管理人の私が感想を書いてみました。

 

今日は、この映画HERO2015の感想について、私の意見を中心に熱く語りたいと思います。

スポンサーリンク


 

映画HERO2015の感想は??

映画 HERO2015 画像

冒頭でも話したように、先日管理人の私は友人とこの映画HERO2015を

見てきました。

 

先に見てきた人からは、

・「今回のHERO2015マジでやばい」

・「前回の映画よりもかなり良い!」

という感想を沢山聞いていたんですね。

 

前回映画化されたのは・・・・・

 

そう2007年!!!!

映画 HERO2015 画像

 

今から約8年前にもなるんですね。木村拓哉さんもまだ34歳でした。

 

この2007年の映画HEROの舞台は韓国。

そして、まだ北川景子などの新メンバーは出演していなく、

久生公平の事務官は雨宮(松たか子)だったんですね。

 

結末はバーで二人が結ばれる(キ◯シーン)というところで終わりました。

 

管理人の私としては、ドラマの中ではお互いが行為はあるのにも

関わらず、交際に至ったということはないことにがっかりしていたんです。

 

そんなドラマの中では結ばれなかった2人が映画(劇場版)では結ばれたわけですから

HEROファンにとっては本当に胸キュンの設定(あらすじ)だったと思います。

 

 

なので、感想・評価としては、満点でしたし。星5つ中5つというのが私の感想でした。

映画 HERO2015 画像

 

 

と・・・・ここまでが2015年以前のHEROの感想ですね!!

 

 

では、今回のHERO2015の感想はどうだったのか??

映画hero2015 画像

個人的な感想としては、星5つ中4つというところです。

 

「面白かったけど前回の2007年の方が僕は好きだったな・・・でも

ファンの人は絶対見た方が良いよ」という感じです。

 

私がこのように感じた理由は3つあります。

 

 

①木村拓哉(久生)と松たか子(雨宮)の恋の結末がはっきりしない

映画 HERO2015 画像

ここがはっきるすることをHEROファンは望んでいたと思います。

 

一応、雨宮の口から

「(昔、)久生さんのこと大好きだった」

という言葉聞けたのはよかったですが、

なんかもっと、この空白の7年の間にどんな

ことがあったのか。もっというならあの2007年劇場版HEROでのキ◯シーン

はどういう意味だったのかファンは知りたかったと思います。

 

 

特に今回の予告では、2人の恋の結末が明らかに

なりそうだだっただけに残念ですね・・・

 

 

②雨宮の婚約者がアンジャッシュの児島だった件・・・・

映画 HERO2015

 

ちょとこれは設定に無理があるなと思ったわけですよ。

 

このドラマが放送されこの2015年の映画化まで雨宮(松たか子)の位置付けは

一応、木村拓哉の彼氏に一番近い女。

 

つまり、良い女という設定だったわけです。

 

その雨宮の婚約者がアンジャッシュの児島とわかった瞬間

映画館の中で少しばかり腰を抜かしそうになりました。

 

私の意見としては、雨宮の婚約者は絶対に

キムタクと並ぶくらいの良い男を持ってくるべきだったろ!と思ったわけです。

 

ここがもし、藤木直人とかだったら、感想・評価はもう少し高かったですね。

藤木 画像

この2点が僕がイマイチ良い感想を持たなかった理由です。

 

しかし①に関しては、続編をつくるために雨宮と久生の関係を

はっきりさせなかったのであれば嬉しいですけどね(笑)

 

近藤春菜と挿入歌とエンディングについて

春菜 画像

 

2014年HERO2が放送された時から

角野卓造の娘としてハリセンボンの近藤春菜さんが

出演するのではないかなんてことが言われていました。

 

映画では杉本哲太さんのスマホの着信の

待ち受け画像がハリセンボンの春菜でした

 

映画館の中でも春菜が登場した瞬間クスッ、クスッと笑いが起きてきていましたからね。(笑)

 

こういう面白さを追求してくれるところ、

そして、ファンの期待に答えてくれるところがHEROが長年ファンの人に

愛される理由だと感じます。

 

挿入歌が気になっている人も多かったのでチェックしてきました。

映画HERO2015 挿入歌 画像

挿入歌はドラマと同じで、服部隆之さんの曲でおなじみの

(久利生のテーマ)(Life work)(Time to go)(奇妙なしらせ)(法廷の風景)(取り調べ)(光と影)(Out of synch)(Tシャツとコーヒーの染み)(不思議な一夜)(Action)

などが使用されていました。

 

エンディングの曲もこれらの曲がいくつか交互に使われていましたね。

 

管理人の私としては、宇多田ヒカルさんのCan You Keep A Secret?

が使用されることを期待していたのですが使われていませんでした。

SNSでもご購読できます。

最近の投稿

コメントを残す

*